サルボボブログ
マシーネンとかその他諸々を徒然なるままに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Nixe
nozomu-Nixe2.jpg
nozomu-Nixe1.jpg

nozomu-Nixe7.jpg

nozomu-Nixe6.jpg

nozomu-Nixe3.jpg

nozomu-Nixe5.jpg

nozomu-Nixe4.jpg

DrunDogWorks製ガレージキット使用
WF2010冬において、DrunDogWorksの完成見本として展示させていただきました。
このキットも非常に作りやすいキットで、ほとんど手を加えてません。
プロポーションもフリーゲのキットと比べてみるとわかりやすいですが、シェイプアップされてかっちょいい♪♪
クリアキャノピーはかなり磨いたのでツルツルぴかぴかで透明度もアップしております♪(`・ω・´)
ただ、下半身をもっと沈めて、重心を落として作ればよかった^^; 
もうひとつ買ってあるので、次はこの反省を生かして作りたいです!

フィギュアの肌は、いつもの油彩仕上げ。
他はラッカーで塗っています。
このスキームはアーティストモデルのナッツロッカーのスキームを取り入れてみました。
実はこのスキーム、キシ君ともろ被りしてしまいましたw
結果的に各々の個性がよく出て、とても楽しかったです。
ミドルストーンの部分はミドル・サンディーブラウン・グレーバイオレット・ウッドブラウンなどを塗り重ねて自分の好きな色味に仕上げてみました。
ブルーの部分はエアスペリオリティーブルーに秘伝のタレを混ぜてます。
おでこの部分は迷彩の境界線をハッキリとし、逆に足元などは若干ぼかしてあります。
やり方は、溶剤をつけた綿棒で直接ポンポンと叩いてぼかしていくというかなり強引なやり口ですねんw
シーリング部分は適当にグレーを塗り、その上にハンブロールカラーの86番をウォッシングしております。
このチョコレート色を重ねるとカリカリの艶消しになって布の質感が出る気がします。(みやまさんにアドバイスをいただきました)
塗料剥がれの表現は黒鉄色+マホガニーをドライブラシみたいな感じで。
足元はその上からタミヤエナメルのライトグレー+フラットブラックでウォッシングし、足元に重心を落としてます。
これで、足元の色が馴染む、実に馴染むぞ。


はぁ、もっとポージングの勉強をしなければね。

こちらもキシ君に撮影してもらいました!
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 サルボボブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。